iPhone6をauで2年使ってUQmobileにシフトして1年使い、計3年。
さすがにバッテリーが寿命を迎えたようです!

バッテリーは、朝100%、1時間の通勤を経て職場に着く頃には60%、、仕事中はほぼ使うことなく夕方には20%、帰宅ごろには電源が切れているような状態。

設定のバッテリーページではバッテリーに関する注意コメントが出ていたり、、いつの間にやら。

もし今大きな災害が起きたらと考えると、このバッテリーでは心許ない。
解決しよう!!早急に!!


と意気込んでいると、iPhoneのバッテリーにまつわるニュースが話題になっているではありませんか。

経緯はこのページが詳しそうな
http://www.appbank.net/2018/01/06/iphone-application/1476017.php
私の理解では要するに、iPhoneはバッテリーが劣化すると部品保護のために動作が遅くなるにように作られているが、ユーザーから買い換えを促すためではとの訴えがあり、
今だけ特別価格でバッテリー交換しますよ、ということ。
通常8800円が3200円になるというのだ。約60%OFFの出血大サービス!


iPhone6のバッテリー以外は問題を感じていなかったこともあり、これに便乗してバッテリーを変えることにしました。
ちょうど昨日交換に行ってきたので、その様子と、これから交換しようと考えている人に教えてあげたいことも書こうと思います。


結論を最初に。

・バッテリー交換の前に予約をしよう!
・バッテリー交換後の受け取りも含めたスケジュール調整を!
・本体交換になる可能性があるのでバックアップを忘れず!
・アップデートしておく!
・支払いはクレジットカード可!
・平日昼間でも激混みなので、休日夜間は戦場と化す?


IMG_5576
スポンサーリンク




私は1/9水12時すぎに銀座のアップルストアを訪れました。

銀座のアップルストアといえば、土日はホコ天になっている、一流ブランドが軒を連ね、街頭インタビュー@銀座といえば、ここ!
そんな通りに面した店舗は、平日にもかかわらず人で溢れていました。
なんであそこには外国人が集まってくるんだろ?

店内に入ってバッテリー交換とおぼしき受付を探していると、壁沿いに外国人の並び列がずらーっとあって、「まさかこれがバッテリー待ち…!?」とゾッとしつつ

なかなか見つからないので店員さんにバッテリー交換はどこで?と聞くと、
「4階です」
この列は関係なくてほっと一安心。(じゃあこの列はなんなんだ


突き当たりのシースルーエレベーターで4階へ。
直通だからか階数のボタンも閉めるボタンもない、自分勝手な自動開閉の正直使い勝手の悪いかっこいいエレベーターで4階へ。
(1回はみんな操作に困惑する)


エレベーターが開くと4階も1階に負けず劣らずの混雑ぶり。
フロアの様子は、1.5m×1.5mのテーブルが6つと、バーカウンターみたいなゾーン(Genious Barというらしい)があって、テーブルもカウンターも7割くらい埋まっている印象。

エレベーターを出るとするフロアのスタッフが要件を聞いてくれました。
エレベーターに一緒に乗っていた5人はなんと全員がバッテリー交換が目的でした。

とすると、このフロアにいる人の多くもバッテリー交換が目的だとすると、このキャンペーンによるアップルの損失はいかほど…。



スタッフにバッテリーを交換したい、というと
「ご予約はありますか」との問いかけ

これが重要な別れ道!!


→「予約ありません」=予約なしの飛び込み客
窓際の行列へ!ここで順番を待つのだ。
私が見たときは、ざっと20~30人くらいの列だったかな。。



→「予約しています」
そのままテーブルに案内され、予約時間まで待ちました(15分くらい)。

予約時間ぴったりになると中国人ぽい女性スタッフがiPadを手に話しかけに来てくれました(来てるんだから早く対応してくれたら良いのに)。
スタッフの指示でiPhoneを操作していきます。
といっても設定を開いて渡すだけです。
お店のwifiに繋いだり、iPhoneの診断をしたり、iPhoneを探すをオフにしたり。
そんなこんなしていると、いつの間にかそのお姉さんのiPadの画面には私のiPhoneの情報が!!
診断ではバッテリーに問題が発見され、バッテリー交換が必要ですね、と。(問題なかったらどうなってたんだろう)
お姉さん「良かったですね、在庫あります」
ってことはそのうち無くなるのか。。

もしバッテリーが膨張していたら同料金のまま本体交換になることも告げられ。
バックアップ必須ですね。
さらに、「インカメラがずれているから修理するなら1万〇〇円(忘れた)かかりますけどどうしますか?」と尋ねられ、インカメラをほぼ使っていないからそのままで良いと返答。

バッテリー交換は30分くらいで終わるのかな~と思いきや、
2時間後に取りに来るよう言われました。

全く予想していなかったので驚きましたが、今日来れないなら後日取りに来い、と何が何でも取りに来るしか道はないよう。
交換希望者が殺到しているからなのか?普段からこうなんだろうか。

運良く2時間くらいならスケジュール調整が出来たので了承してiPhoneを預けました。
1時間半くらいでも引き取り可能なようですが、充電があまり出来てない状態での引き渡しになるみたい。ご参考まで。


スマホを持ち歩いていないことに若干そわそわしつつ時間をつぶす
~2時間後(15時頃)~

スポンサーリンク


アップルストアの1階は相変わらず混んでいて、日本人より外国人ぽい人の方が多い。不思議。
エレベーターに乗って4階へ。
さっきと同様にエレベーターの同乗者はおそらくみんなバッテリー交換目的。


それにしてもさっきよりフロアの人口密度がすごい。時間的なもの?
ガラス張りの壁沿いには、予約無しのバッテリー交換受付待ち列。
テーブルもカウンターも満席。その周辺に空き待ちで立っている人。それを隙間を移動するスタッフたち。

バッテリー交換を終えたiPhoneの受け渡しはバーカウンターの方で行われる仕組みらしく。席が空くまで立って待機。
様子を見ているとみーんなバッテリーの話ばーっかり。

支払いはクレジットor現金で3400円(税込)、のやりとりの声が聞こえてくる。
このキャンペーンによる損失がアップルにとっては痛くもかゆくもないとしたらすごいぞ、アップル!

そんな私ももれなくキャンペーンに便乗したバッテリー交換客。
名前を呼ばれ、ようやく席が空いたかと思ったら壁の一部から出現した簡易カウンターにて。座らせて欲しかった。
バッテリーの膨張や想定外の異常はなく、無事に元の機体に新しいバッテリーに交換されたものが出てきました。
なので、特に変わった説明もなく、3400円のお支払い。
さぁ終わり終わり!

人がざわざわしすぎてて落ち着かないので、そそくさとシースルーエレベーターに乗って帰りました。
降りるときは、必ず各階に停止するこのエレベーター。3階はシアタールームだった。いろいろ謎が多い。


まとめ
時間と体力を浪費したくないならバッテリー交換の前に予約をしよう!(アプリ:アップルサポートでやりました)
・平日昼間でも激混みなので、休日夜間は戦場と化す?
・バッテリー交換は受け取りまで2時間もかかる!
・本体交換になる可能性があるのでバックアップを忘れず!
・アップデートしておく!
・支払いはクレジットカード可!


スポンサーリンク